音と香りとピアノ

音と香りとピアノ

ピアノのことと日常をつづっています。

このブログについて
ピアノ練習日記
演奏紹介
ジャンル別演奏まとめ

来年に向けての選曲は気を楽に♪ショパンとスクリャービン 。

こんにちは。寒くなってきましたね。去年よりも紅葉も早い気がします。

さてピアノはスクリャービンエチュードはなんとか?一応?撮り終えたので、次なる曲を選んでいます。

今度は、どちらかというとたっぷり歌えるような曲をしたい!エチュードの音量の大きさに耳が辛いのもあったので。

 

1.ショパン ノクターン8番Op.27-2


Valentina Lisitsa. Chopin Nocturne Op 27 # 2 D Flat Major

好きな演奏は、リシッツァ。指の腹でパラパラと撫でるようなタッチです。

わりと音はくっきり聴こえてきます。音色がとても綺麗です。

ノクターン8番

オーストリア駐仏公使夫人であったダッポニィ伯爵夫人に献呈。身分の高い彼女の捧げたことから「貴婦人の夜想曲」と呼ばれることもある。

 

夜想曲というだけあって夜に静かに練習としてやりたい曲です。私の場合、左手のテンポを乱れないように弾くところから始めています。あと、右手を楽譜通りに弾く!きちんとフレーズ感を認識する。それと、符点音符の後の音符の弾き方とか、装飾音符の弾き方、これが一緒にならないように気をつけたいですね。

 

今日の練習一部

 

 

ショパン バラード3番


F. Chopin Ballade no.3 Opus 47 (As) By Evgeny Kissin

 

またまたショパン。バラード1番は弾いたことはあったけど3番はないです。学生時代、入学して早々みんな自由曲が被るくらいバラードとスケルツォを選曲していました。なので練習室へ行けば、あっちこっちで競ってバラード1番、2番、スケルツォ2番が鳴っていました。正直その段階でショパンはもういいや…ってなりました(ーー;)

 

この曲を、やってみたいかなと思ったのはキーシンの演奏を聴いてからです。

 

それと、バラード3番は水の音楽と言われているそうですが、この曲にもオンディーヌが登場するみたいです。誓いを破った男を許せないオンディーヌが男を水の中に引き摺り込む。

1番よりもファンタジーに思える。

背景は森の中や湖が浮かびそう。

それを楽しみたい!って思ったからです。(^∇^)

 

最初の部分は、きっと幸せな時期なので、満たされた気持ちで冒頭から入っていきたいですね。

何回も出てくるオクターブは、合図で場面が変わっていく感じ。

 

続けて練習できるかちょっと謎ですが、少しずつ譜読みしていきたいなと思っています。

 

スクリャービン    幻想ソナタ


Yuja Wang Scriabin sonata no.2

 

あとは、やはり幻想ソナタ

譜読みはある程度してあるんですが、スクリャービンさん弾きにくい部分が汗

こちらも来年に向けて弾いていきたいですね。

 

 

 

仮想演奏会に初参加させていただきました♪

 こんばんは。早くも10月の半ばまで今年も終わりましたね。今年は特に遠くへも出掛けずでした。

インドアになっても、違う楽しみがありますよね。恥ずかしながら、私は8月のお盆あたりから現在までで、やっとピアノ練習がほぼ毎日継続することができました。それまでは、平気で2,3ヶ月弾かなかったりを繰り返して年月が過ぎてました。今回続けられたのは、憧れていた曲にハマったせいです笑。以前は、譜読みするところからやる気が無くて、今回もどこまで続くかなぁ〜っと緩い気持ちでトライしていたんですが、好きな気持ちって大事ですね…。

それだけで続けてこられました( ^ω^ )

 

途中、手の痛みが出る日もありました。

その時は、弾き方が悪いんだなって改めて考え直したり、教本読んだりして改善するようにしたり。毎日の練習で、発見→改善→練習→復習→発見…の繰り返しが楽しく感じられたのとがちょっと嬉しいです。でも逆に、あまりにも成長してない…幻滅、限界を感じて泣きそうな時もありましたけどね汗

現在もちょくちょくある…。

 

ここ最近の練習記録

f:id:pf_eri:20201016223505j:image

 1回記録するのをやめたんですが、再びStudy plusのアプリを使っています。

同じピアノ練習している人と、練習のタイムラインを見ながら自分も励みになっています。どの曲に時間をかけているのかとか、この曲に何時間かけているのかとかもわかります。

 

eri-pocopiano.hatenablog.com

 

 

ピアノの練習は、平日は夜7時過ぎから8時半くらいまでの1時間から2時間しか練習できません。休日にもっと練習すればいいんですが、休日はいろいろしたいこともあったりと(^◇^;)

 

 

さて、本題に入りまして…

今回初めて「仮想演奏会」に参加させていただきました⭐︎

 

仮想演奏会とは…

ピアノやエレクトーンなど演奏を撮影した動画を使って、オンライン上で発表できる場です。

 

詳しくはこちら

 

演奏する場がない身としては、とてもありがたい企画です!

そして動画で参加できるという気軽さ♪毎月、開催されています♪

練習時間も少なく、毎日続けるのもなかなかの私にとっては、目標、期限が作ることが出来てすごくありがたいです。

 

今回、参加させてもらった10月開催はこちらからです⭐︎

piano-fflife.com

 

全国の演奏者さんが集まっています!

やっと皆さんの演奏を聴きました⭐︎

知らない曲があったり、ショパンの名曲があって弾きたいな〜って思ったり。

良いですね♪刺激になります。

あとカメラワーク

 

今回私が参加した曲は、ドビュッシーの版画から「塔」です。

 

 

お気づきの方は、わかるとは思いますが、以前にYouTubeへ投稿しています。

仮想演奏会という企画を知ったのが、2週間前で参加したい気持ちと好奇心でいっぱいだったんですが、10月の締め切りには、参加できる曲が無く諦めていました泣。ですが、YouTube投稿済みの動画でも参加オッケーということだったので、ちょっと使い回しになってしまいますが、6年前に演奏アップした、この曲で参加させてもらいました。

 

実は、過去にニコニコ動画のある企画にも、初めて参加した曲と同じ動画なんですよね!笑

そして同じ紅葉の時期…( ̄▽ ̄)

 

なんだろう秋にドビュッシーって…。

 

まあ、ともかく、いろんな方に演奏を聴いてもらう機会だと思っての参加となりました。次?またいつか新曲アップの気持ちで参加したいと思っています。現在取り組み中の曲達は、なかなか…仕上がりが見えてこなくて辛いですが。

また短い曲や、再練習曲、クラシック以外でも参加できたらなと思います。

 

クラシックでは、最近ショパンが弾いてみたくなっています笑

ノクターン、バラード、舟歌・・・気になる曲はたくさん笑

気長に冬休みの宿題に持ち込もうと思います。

 

それとショパンの命日ということで、また使い回しになってしまいますが、

バラード1番の動画を貼っておきます。

 

エチュード練習記録。聴こえ方を考える。

こんばんは。今日は暑かったですね。

自律神経のせいなのか、耳鳴りや閉塞感を感じるここ数日です。

また、アロマでもしよかなと。

 

さてピアノですが…

この曲をやり出して2ヶ月目ですが、音楽がなかなか前に進まないので、楽譜ばかり見て弾くのが原因?なのかと思い暗譜しながら弾くようにしました。

これだと楽譜よりも、音をちゃんと聴くようになるし(^-^)

 

昨日のピアノ状況

 

練習メモ

f:id:pf_eri:20201011213202j:image

最初の部分ですが、

右手のアルトcis~e cis~e...の動きに合わせてソプラノを弾いていましたが、糸を引くというイメージ変えてみました。

 

ど〜〜〜〜みぃ、ど〜〜みぃ

って畑から大根を抜く感じじゃなくて、

 

ど〜・・・み  ど〜・・・み 

って消える感じ、漂う感じに。

 

それと、ソプラノはGis〜G〜Fis〜Eって聞き届けるようにしてみました。

 

これに左手が入れると難しいです。左手の戻りが、テンポが速くなるとだんだん疲れが出てくるので、身体を少し前のめりにするように変えました。こうすると上腕の動く範囲が狭くなって、横の動きも楽になりました。

 

それといつも違うなって思っていた

半音階のここ↓紫色に塗り潰しました。

 

f:id:pf_eri:20201011215042j:image

 

Eis〜Fis〜Fisis

ここも変に力を入れなくても、身体の姿勢を変えたら鳴らしやすくなりました。

指に神経が集中できるからかも?

 

続く右手の上昇アルペジオ

水色のマーカー部分。

テキトーに弾いてましたが、ここはとっでめ大事でした汗( T_T)

 

 風が・・一瞬、

ビュ〜〜と吹いて、ヒュぅ〜〜。。

って消える感じ?。笑

 

イメージはあるんですど表現するのは難ですね。前半と後半の弾き方は変える必要がありそうです。

後半は、上の方に消えていくような感じしたいのですが、今でもここが苦手。

練習ですね。

 


f:id:pf_eri:20201011213155j:image

2ぺージ目は、1ページ目の変奏形?

一番嫌な部分です( ̄▽ ̄;)ぎゃー。

ここは、ほんっとに、

右手のソプラノ以外はちぃさ〜〜〜く

トコトコ… トコトコ …

って鳴っていってほしい部分。

 

なので、小指の意識を常に持っていないとです。それとペダル。濁りが気になるところです。

テンポも、インテンポじゃなくて、急緩も出したり、クレッシェンド・・即ピアノとか極端な変わり方を入れて前へ前へもっていくように練習しています。

 

たまにやりすぎて・・・

右手がこけますが泣 

∑(゚Д゚)あわわ…。

 

ちゃんと両手の上下の拍を分かっていないと、突っ走るだけの部分になってしまうという危険な部分です。

 

なので、決め所、合わせどころ、スル〜どころと、頭の中で分りながらとフル回転しないとです。これはこれから頭に入れていきたいところ。


f:id:pf_eri:20201011213151j:image

ここのページ、和音の連続ですが、ずっと全部が、じゃんじゃんって鳴らすだけでは、何が言いたいかわからないで終わってしまいます。ここはどういう風に聞こえたいのか?どこが大事?てっ今日は探っていました。

 

右手のソプラノばかり ソミミソソミ…

では、うるさすぎになりました。

 

フレーズの最初の入りは、アルト重音刻み3連リズムを左手オクターブの動きの中に当てはめて鳴らす。こうすると、出だしから慌てないですみそうです。

基本フレーズの取り方は最初の1ページと同じ考え方でいいかなと。

 

4段目からは、ソプラノが出てきたり、アルト刻み、バスに変わりと、担当を任せて行くのもわかりやすそうです。 

 

今日は、1番下の段、

左手、和音⇨オクターブ

右手 アルト3連リズム

この2つがちゃんと聴こえるように弾くのが難しくて、手こずっていました汗

 

ほんと…3連に2連音符って好きですよね…(⌒-⌒; )


f:id:pf_eri:20201011213159j:image

後半行くほど難易度が上がる気がします泣。このページの1回目のフレーズは、何度も出てくるBメロの最後なのでしっかり意思をもって、多少強めに音が出るように弾いてみることにしています。気持ちは、フォルテのまま。左手のアルペジオの下からの動きの誘いを、ちゃんと受けて鳴らすとかは気をつけたい。

 

2回目は余韻。でも、ソプラノは歌う。これが本当に難易度高いです。1回目と動きが逆だったりと、混乱が。

 

最後の1ページは、他のページよりも練習量が薄いので、これから足していこうと思っています。

 

今日は、湿気を含んだピアノのようだったのでちょっと重たい感じでしたが…。

除湿は常にしておかないとですね(^◇^;)

 

耳鼻科行ってスッキリ!のはずが、ピアノの大音量が。。

こんばんは。寒いですね。。。パジャマも衣替えしましたよ。

この調子だと来週から毛糸着ていそう笑

 

今日は休みだったので、午前中に耳鼻科へ行ってきました。

持病のメニエール病は、ほぼ治っているんですが、たまに耳鳴りと眩暈はします。

今の悩みは、大きな音を聞くと左耳が「ジャミジャミ」と鳴ること。

それと塞がる感じがします。フォルテの音量が分かりません。

ピアノが鳴らないって感じてしまう。

今日は、そのジャミジャミを診てもらおうと思って行きました。

 

結果・・・、髪の毛が入っているだけでした!

聴力検査も正常。片耳で雑音聴きながらの検査は難しいです。

それより無音室に入るのが億劫でしょがないです泣 耳が詰まる〜〜!

 

病院から帰って、やっとスッキリした〜〜!と思って、

いつものようにピアノ練習していたんですが・・

 

やっぱり耳が塞ぎます。。

ジュジュジュ・・・って音します。泣

聴覚過敏症っていうのでしょうか。

ピアノの蓋は閉めているんですけどね・・。

 

今日のスクリャービン

f:id:pf_eri:20201005214433j:image

エチュードは、全体的に見ながら部分的に弾けない、気になる部分を練習。

今日、青マーカーして部分は、音の伸びを感じること!

その音に入る前に、新しく空気を?吸う!!ということを試してみました。

もちろん、吸えば吐き出すので、この吐いた時に落ち着いた音になる気がします。

吸って吐いて・・なので充満感がありますね笑

それとテンポも慌てなくなります。

 

f:id:pf_eri:20201005214439j:image

一番下の段の4和音の前もためつつ・・・と思うにしていましたが、

His  Cis  Fisのオクターブの前に、吸ってみようと思います。

ただ、その呼吸ばかり意識しすぎていると変に酸欠になりそうなので、自然の流れでコツを掴もうと思います(^◇^;)

 

 

 スカルボは曲になるように

 

f:id:pf_eri:20201005214443j:image

 

とりあえず練習記録

 

最近、スカルボ動画をよく見かけるようになりました。

自分の弾き方、ごちゃごちゃしてメリハリがないなって実感しました。

技術はもちろんだけど、曲想的にはもっとどうにかしたいです。

消える!走り回る!ブワッって部分がない・・・( ̄▽ ̄;)

あとなんだろう・・切迫感というものがない。。

うーん、この曲は長い目で見て毎日10分でも練習していこうと思います。

 

弾き方も考え直してのエチュード。ショパンからの取り入れごと。

こんばんは。季節の変わり目に弱い私です。先日お腹を壊して、熱もあったので早退しました。職場の1分間体温計で37.7度まで上がってびっくりしました。

みんなからコロナー!!って言われるし。帰って5分体温計で測ったら、36.5度だし・・。嘘かぁー!

でもずっと寝ていました。

お腹が気持ち悪くて。

その後も、微熱は続いています。

 

さて、ピアノは身体をもっと使って楽に弾く方法をちょっと考えています。

アルペジオ、回転。手の返しとか、前腕、上腕の役割。肘。

 

数日は、スクリャービン練習をお休みしました。熱が上がりそうだったので。

大人しく、ショパンノクターンを中心に練習しながら、昔買ったシャンドールの本を読み返していました。スクリャービン エチュードの弾き方考えようって。

 

シャンドールピアノ本

f:id:pf_eri:20201003213634j:image

 

ああ〜腕の存在忘れていました。。

 

前にリストのスペイン狂詩曲を弾きたくなって、でもそれこそ身体全体で弾かないと、絶対辛い曲でもあって、この本の購入に至りました。フォルテであっても、自由落下と突きの2通りがあるのだと知りました。フォルテは速度だけだと思っていましたが、いろんなフォルテの鳴らし方があるんですね。

 

あとは・・・、

指の巻き込みをしないこと。

親指を絶対指の下に潜らせない。

←昔からの教えとは逆ですが(^◇^;)

指は垂直に、鍵盤に対してまっすぐの位置がポジションなんですね。

それが少しでも傾いたりして指落とすと、なんとも不恰好な音がするとか。

でもまあ、曲にもよる気もします。

印象派なんて、ほぼ寝かし気味で指の腹で触ったりもするし。

 

f:id:pf_eri:20201002161215j:image

 ↑今のエチュードのヒントになりそうな部分。

 

オクターブを超えるアルペジオの動きは、上腕が能動的に動くこと。

前腕は手の位置を持っていくだけなのかなって。この上腕を意識して、2日間くらい練習していました。

 

その結果はこちら↓

 

 今日の通しの状況

 

確かに…指だけじゃなく、腕、肩までを意識すると疲れが全然なくなりました。

その分ぶれるのか、雑になってしまうんですが。それとまだテンポ速くなりすぎて、弾き切れてない箇所が出てきます。

 

んん〜〜。音が抜ける部分は毎回一緒な気がします。これは直さないとです。

 

最近それとショパンノクターン27−2を練習しています。

ノクターンってほんと・・・歌!

ですね!笑

ショパンは詩人ってほんとだなって。フレーズが長い。ちゃんと繋がりをわかってないと。いい勉強になります。

 

それと音と音の間の空間。

前の音から次の音にいくまでの関係。

音符の長さ分ちゃんと聴きとどける。

目指す音なのか、受ける音なのか…。

 

いろんな曲掛け持ち練習って、いいかもしれませんね。違った試みが発見できそうです。