音と香りとピアノ

音と香りとピアノ

ピアノのことと日常をつづっています。

このブログについて
ピアノ練習日記
演奏紹介
ジャンル別演奏まとめ

ベートヴェン 悲愴 第一楽章練習 弱弱な気持ちは無くす。

ベートーベン悲愴にハマっています。

前のショパンはどこに行ったのでしょう笑

 

f:id:pf_eri:20200222202212j:image

この曲をちゃんと弾いたことがないんですよね。。第一楽章って重々しく悲劇的ってイメージだったんですが、オクターブソプラノで歌う部分がとてもきれいなんですよね。

 

最初、和音でダーンって入ったらドレーミミーレってメロディを、

もう一回入り直して弾いていました。

録音して聴くと、なんて切れ切れなんだろうって笑 すごくわかりました。

入り直さず、そのまま繋げていくんですよね。で…ペダルは?

って思ったんですが聴きながら入れることにしました。

 

あと、昔らよく言われてきた、この音から…ここで解決!って部分。

和音が一個一個にならないように。

 

右手オクターブで弾くところは、ほんとに歌いながらじゃないと無関心な音になってしまいますね。。

pの小さめな音量でも響かせる、聴かせる音が求められそうです。

左手が伴奏で刻んでいますが、ここも受け身じゃなくタンタンと進むようにですかね。私はどうも、ふわっふわって刻んでしまうみたいです(^◇^;)

 

最後の段の半音階スケール。ここが下手くそです。

指番号がやりにくいのかもしれない。

 

 

f:id:pf_eri:20200222202215j:image

ここは思っていたより速くではないみたいですね。

なんたって左手のオクターブの回転が定まらない(><)

腕、手首いろんな部分楽にしてやってみるんですが、親指が固くなったり小指を鳴らそうしてツルんですよね(ーー;)もっと鍵盤の近くで少しの重さで良いんでしょうけどね。やっぱり基本ができてないのかな。

 

 今日の練習記録

 

 

 ソナタ7番

 

昨日のコンサート日記は明日にでもこ更新したいと思います。

 

 

 

悲愴 落ち着いたテンポ感で歌いたい

こんばんは。昨夜は寝る前にYouTubeピアノ曲を聴きあさって癒されてました。お母さんも一緒にそばで聴いてたんですが、ベートーベンは聴きやすいけどプロコフィエフは不評でした(^◇^;)

そりゃあまあ正統派から壊れていく?感じですからね( ̄▽ ̄;)

 

今日はベートーベンの悲愴を練習。

1楽章は、ダンダンとした和音の動きと、オクターブ、ソプラノの女性の訴えるようなメロディーのやりとりに感じます。魔王の曲にも、そんなやりとりがありましたね。2ページ目からは、左手オクターブがまだ疲れます。固定が抜けれません。何か見つけないと。

 

第2楽章は、今こんな感じに。

珍しくベートーベンをしています。実は弾いたことがなかった悲愴。ゆっくりな曲は難しい💦#ベートーベン #ベートーベン生誕250周年 #piano #悲愴第2楽章 #譜読み

 

最初はタンタンと弾き過ぎて、ただただ平らな感じだったので、今度は音を味わう!と思って弾いたら次はやり過ぎました。クレッシェンドしてるしテンポが走り気味。難しい…。

落ちつかないと。

鈍行列車のような揺れ?

どうも感情が入ると急いでしまうみたいです。急がなくても、音の出し方で表現できるように研究ですね。あとバスの動きをもっと聴こえるべき。

 

明日は夜コンサートを聴きにいきます。

クラシックとJazzと楽しみです。

それではおやすみなさい。

 

 

悲愴が最近の練習レパに入っています。

こんばんは。昨日は久しぶりの積雪で途中、車から降りて雪道登山の通勤でクタクタでした。脚よりも、お尻が痛かった。なんでお尻なんだろう。。

とてもピアノ弾く気力がなくて、寝たのが10時半くらい。疲れって後からきますよね。

 

ピアノは、なんだかやる気が出ません。

 そんなか、ドビュッシー前奏曲をちょっとやったりベートヴェン悲愴をぼちぼちとやっています。

 

ベートーヴェン門中です

ベートーベンは重度の難聴で耳がほとんど聞こえなかった方ですが、この曲が作曲された時期も、ちょうどベートーベンが難聴が出てきた頃なんでしょうね。第一楽章のダーンと和音の出だしは、深い悲しみ。生きていく中で襲い掛かる悲しみ。運命。ふか〜い音から始まる感じがします。

第1楽章は「急」、第2楽章の「緩」、第3楽章の「急」といった感じで、ショパンのバラードでも感じた、悲しみの時期や幸せ満ちていた頃とか物語性がでてきそうです。

 

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第8番 ≪悲 愴≫ ホロヴィッツ Beethoven "Grande Sonate pathetique"

 

いいなと思う演奏は、今のところはホロヴィッツの演奏。

第一楽章は、なんだか重々・・・ってイメージがあるんですが、この方のは聴きやすい感じがします。大好きなリシッツアさんは、ちょっと私には重たすぎました。

 

 2楽章は男性と女性の歌い合い?

でも2楽章って難しくないですか?

テンポが揺れるわけでもなく、たゆたゆと弦楽四重奏の動きの伴奏はメロディーを邪魔せずに弾く。メロディーはインテンポに近い感じで、たんたんと弾くけど歌う音で男性から女性へ声の質が変わっていく。

でもだんだん眠たくなっていくんですよね。。。

途中、3連符の部分からは雨だれに似た雰囲気がありますね。

 

 


[悲愴]解説。

 

仲道さんの解説動画もありますね。

2楽章がやはり落ち着きます。たくさん練習している方がいる曲だし、いろいろ探りながらマイペースに練習していきたいと思います。

 

ドビュッシー前奏曲が気分のこの頃です。

f:id:pf_eri:20200216231038j:plain

 

こんばんは。今日はお休みです。午前中は、お誕生日30%OFFのDMを使って美容院行ってきました。有効期限が1週間内って短かすぎるし(^◇^;)

春らしく、短くしたいと思いつつボブにしておきました。きっとすぐ伸ばしたくなるだろうし。

 

ピアノは3日サボりました(ーー;)

あと練習してもStudyplus のアプリに記入するのが面倒くさくて、あのアプリはもう削除するかもしれないです(はやっ)なんていうか、やっぱり時間よりも練習の内容ですね。1年間でどの曲にどのくらい時間かけたか後で見るのには参考になるかもしれないけど。

1年間も練習記録の時間を毎回、記録していく根気がちょっと自信ないです( ̄▽ ̄;)

Twitterもやっぱりいいかな〜って思うことも度々あります。もうシンプルにブログとインスタだけでいいのかもしれないって。まあ、削除して後悔もあるので放置という状況になるんですけどね。。

 

ということで、今日は3日ぶりのピアノです。

最近はベートベンもなんだか好きです。珍しく。笑。

昔弾いていた曲、中学生の時に弾いていた曲とかさらい直すのって新鮮ですね。昔よりは、技術とか音楽性が成長しているだろうから、もっとこうしたらどうだろう?とか思えるのが楽しいんですよね。未だに苦手な指遣いとか回転とかありますけどね。こういう時は、今でもか・・・って落ち込むけど。。

ベートベンは、ソナタ1番、7番とかをさらってますが、悲愴が気に入っています♪なんていい曲なんでしょう。有名だけに、どう弾くといいのか悩みそうです(^◇^;)

 

さて、もうひとつはまっているのは、ドビュッシー。春の陽気を感じると、やっぱりドビュッシーが恋しくなりますね。

 

とだえたセレナード

 

この曲が好きです。ギターをかき鳴らす感じのようです。グラナダの夕暮れにも似た感じの部分がありますね。

左右入れ替えですが、同音連打があります。音がムラなく、一音一音聴こえないといけないのが難しいですね。鍵盤の下の方で鳴らすと?とか試してみましたが、指をしっかり上げ下げしたほうが、はっきり鳴らせれそうです。リズムが面白いです⭐︎

たまに、横の揺れがあったり、スタッカート、レガートが1回目と2回目と逆になったりとちょっと弾きにくい譜読みになっています笑

 

ドビュッシーが好んだ、スペイン風のセレナード。楽譜の冒頭に「ギターのように」という指示があります。技術上の問題でもわかることですが、ピアノで同音を連打することは、ギターのそれに比べ、決して易しくありません。この作品では、あたかもギターの同音反復のニュアンスをピアノで模すことを要求しています。決して、派手な速い同音連打ではなく、あくまでもギターの、響きの余韻をたっぷり含んだ同音反復です。

 

 

アルペジオのために

 

苦手な部分は、ほんとにどうしたものか。内田光子さんの演奏とか、いろいろ聴くんですがわからない。

ウーン。悩み。

ショパン よりベートーベンが好きかも

連休明けはやっぱり疲れますね。

夕食中に耳鳴りがして薬飲みました。いつも食事中にめまいや耳鳴りが発症します。なんでだろう?自律神経かな?むくみもあると思いますが。今日はピアノおやすみしました。2月入ってから練習が1日おきくらいになりました。

毎日練習ってけっこう大変だなと(^◇^;)

 

f:id:pf_eri:20200205212748j:image

最近は珍しくショパン とベートーベンが練習時間を占めています。ただ、ショパン のワルツですが…雰囲気というか揺れというかしっくりきません泣

というかロマン派やっぱり向いてないかも(;ω;)って思ったりします。

逆にベートーベンは、曲が分かりやすく入っていけそうです。タッチもロマン派と古典とは違うでしょうけど。

 

カチッと指立てがぎこちなく

 

何十年ぶりかのソナタ7番。

細かい動きが転けます。。

ほんと16分音符苦手です。

いつも指を寝かせ気味で弾くことが多いからか、指を立てて上げ下げしっかりが鈍くなっているのかもしれません。

ただ、ベートーベン昔よりはいい曲だなーって思えるようになったのが意外です。月光、熱情。どれも名曲だなぁって改めて感じるこの頃です。

 

ふわとろ〜な雰囲気

 

ドビュッシーは6度のためにエチュード。弱音ペダルを踏みつつ、ペダルは小刻みに濁らないようにしていく神経質さ。6度の重音を崩れないように鳴らしていくワザがまたまた難易度高いです。しかも音色に温かみとふわっとした軽さが含んでいるような?

癒されます(*´꒳`*) こんな曲が自分にはしっくりきます。

 

春に向けて、ドビュッシーは弾きたくなりますね。ベートーベンは指に骨を入れる感じでやっていこうと思います。